入試情報

令和6年度福島県立あさか開成高等学校入学者選抜における保護者・引率者控室について(お知らせ)

 このことについて、感染症拡大防止の観点から、保護者・引率者控室を設置しないことといたしますので、お知らせいたします。

(なお、入学者選抜当日は、基本的な感染対策をとるようお願いいたします。)

 

令和6年度福島県立あさか開成高等学校入学者選抜

後期選抜の募集要項を掲載しました。

 

 

新着情報
RSS2.0
福島県が主催した「ごみ減量!アイデア動画コンテスト」で、本校生徒の作品が入賞しました。 福島県消費生活課HP一般廃棄物課ページでご覧いただけます。 → https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/16045a/gomigenryou-r5-2.html 【最優秀賞】 2年 難波 らんら さん  使用テーマ「わたしから始めるごみ減量!」   <動画概要> エコバッグやマイボトルなど、身近でできる「ごみ削減」をコマ送り動画でやさしく解説。 【入選】 2年 小野寺 颯斗さん  使用テーマ「忘れないで、冷蔵庫の奥で待ってるの」  〈動画概要〉  家族が毎日使う冷蔵庫、そこにずっと残された食材の視点で、食品ロスの削減を呼び掛ける。  
2月21日(水曜日)、KFB福島放送「シェア!」内にて、「クッキーで広めるエシカル消費」が特集されました。 福島県消費生活課のホームページよりご覧いただけますので、ぜひ!! エシカル消費活動についても、ホームページ内に詳しく掲載されていますので、ご覧ください。 福島県消費生活課ホームページ→ https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/16005b/ethical-fukushima.html 2月24日(土)25日(日)イオンスタイルいわき小名浜店で「エシカルやってるキャンペーン」の高校生ブースで、日本文化部開発のエシカルクッキーが販売されます。いよいよ最後の販売です。 イトーヨーカドーでの販売の様子です。  
 県内のモデル的な地球温暖化防止対策を表彰する県の「ふくしまゼロカーボンへの挑戦表彰制度」で最優秀賞を受賞した本校の取組を紹介する動画が完成しました!  また、事業所版「コープあいづ」さんの動画にも、本校生徒2名が出演しています!  2月19日(月) 動画に出演した本校生徒6名が、内堀雅雄知事のもとを訪れ、動画の完成披露を行いました。参加した生徒たちは、動画に込めた想いや日頃の活動、そしてカーボンニュートラル実現に向けて取り組んでいることを伝えました。 県庁で行われた動画の完成披露について、各種新聞、テレビでも紹介されています。 完成した2本の動画は、福島県の公式YouTubeチャンネルで、2月25日から公開されますので、ぜひご覧ください。 福島県公式チャンネル → https://www.youtube.com/user/preffukushima    
1月27日(土)オンラインで行われた【MY PROJECT AWARD 2023】福島県Summitに4チームが本校として初めてエントリーしました。 ①みんなで知ろう献血のこと ②留学生との交流会をやってみた! ③ふくしまSDGs「ふくしまの未来」につなぐ~今を知り、ふくしまの魅力を伝える活動 ④猪苗代湖を綺麗にし隊 学校を飛び出し、他校の様々なプロジェクトに触れることで、自分の「やりたい」を形にしていたり、同じような悩みを抱えていたり、サポーターの方からアドバイスをいただいたり…、様々な刺激を受けることができました。 今回学んだことを活かしアクションを続けることで、自分の力で社会をよりよくしていく楽しさに気付くとともに、本校生の探究活動のモデルとなってくれることを期待しています。
1年生後期の「総合的な探究の時間」で行った“ちょこプロ”のクラス代表者の発表が行われました。              この探究活動は ①2年次に本格化する探究活動に向けて ②主体的なテーマ設定をし ③クイックステップとして(まずはやってみる) ④課題を解決する楽しさを知る ⑤そして探究サイクルを回す ことを目的に、今年度初めて実施されました。 以下は生徒の感想の抜粋です ◆満足度が高い生徒 ・最初の目標である、誰かを喜ばせることを達成出来たから ・達成する楽しさを味わうことが出来たから ・多くのプロジェクト、意見があり、考え方の幅が広がるきっかけになったと思う ◆満足度が低い生徒 ・プロジェクトの規模が小さくて学びが少なかったから ・もう少し質の良いチョコプロを作る事ができると感じた ◆学んだこと、気づいたこと ・友達と協力すると楽しさ倍 ・自分から行動を起こすことの難しさ ・自分の立場だけから考えるのではなく、いろいろな人の立場から考えて行うことが大事だと気づいた。 ・自分にとってやりがいを感じてやることが大事であることと、対象者も楽しんで貰うことがお互い...
  1月25日木曜日に、「総合的な探究の時間」ちょこプロ学年発表会を実施しました。各クラスの代表2名が、学年全体にプレゼンしました。自分のプロジェクトと比し、共通点や相違点を見つけ出し、来年度の活動や自分の進路へつなげることが出来ました。また、2月帰国予定の留学生スピノ君から、流ちょうな日本語のあいさつを頂きました。さよならスピノ!
2年次「総合的な探究の時間」において、沖縄探究ゼミと水環境ゼミのセッションを行いました。 ①沖縄探究ゼミがフィールドワークで学んだ沖縄県恩納村の取り組みを紹介 ②水環境ゼミが中心となり本校生徒が行っている猪苗代湖の水質保全活動を紹介 ③ディスカッション の流れで、恩納村の取り組みを参考に、猪苗代湖の水質保全活動をさらにレベルアップさせることはできないか考えました。実現したら面白そうなアイディアがたくさん出ました。 こわかネットの方々からは、「地域の協力者を探す」「ぜひ実際にアクションを」等の助言をいただきました。 この活動は、安積高校で行われる「SSH探究活動報告会・成果発表会」のポスターセッションで報告させていただきます。  
12月23日(土)  日本文化部・オイガ部20名と「3.11あさか開成語り部隊」3名が参加する長崎福岡広島研修いよいよ最終日です。 本校では、福島県の語り部活動実践校として、2011年の福島の震災を学び、記憶と教訓を語り継ぐための活動を続けています。 この活動の一環として、本日より3泊4日で長崎・福岡・広島を巡り、その土地の方々との交流の中で、福島の震災の記憶と教訓を語り継ぐことや福島の復興、福島の未来について、一人ひとり自分の考えを深めることを目的とした研修を行っています。  最終日は、広島県福山市に移動し、盈進中学校高校ヒューマンライツ部との交流です。今年3月11日のオンライン交流をきっかけに、今年度オンライン交流させていただき、12月は対面で交流しましょうと約束していたので、生徒たちは楽しみにしていました。   それぞれの活動紹介から交流ははじまりました。感想や質問が活発に交わされました。   本校からは、紙芝居の披露と「きぼうのとり」ワークショップを行いました。 初めて会ったとは思えないほど、すぐに仲良くなり、楽しく交流していました。 続いて、ヒューマンライツ部がガイド活動をしている...
12月22日(金)   日本文化部・オイガ部20名と「3.11あさか開成語り部隊」3名が参加する、長崎福岡広島研修3日目です。 本校では、福島県の語り部活動実践校として、2011年の福島の震災を学び、記憶と教訓を語り継ぐための活動を続けています。 この活動の一環として、本日より3泊4日で長崎・福岡・広島を巡り、その土地の方々との交流の中で、福島の震災の記憶と教訓を語り継ぐことや福島の復興、福島の未来について、一人ひとり自分の考えを深めることを目的とした研修を行っています。  本日は、広島市のおりづるタワーにあるエソール研修室で、ひろしま紙芝居村、南相馬ボラバス応援隊、紅葉会、アスチカ、崇徳高校の皆様と交流させていただきました。紅葉会以外の方々とは、昨年度にもお会いし交流させていただいています。久しぶりの再会に嬉しさも倍増でした。  到着してすぐ、私たちを迎えてくれたのは、広島名物「ひろしまお好み焼き」。福島からくる私たちのために、準備してくださいました。数多くのお好み焼きを準備するのは、とても大変だったと思います。私たちを迎えてくれるその気持ちに、胸が熱くなります。 とてもおいしくいただきま...
無断での文章・画像などの複製、転載を禁じます。Copyright 2017 AsakaKaisei highschool