あさか開成 校長雑感

校長より

部活動登録

毎年のことではあるが、始業式、入学式からの1週間は、行事が続く週である。本日も、放課後は、部活動登録が行われている。特に、1年生にとっては、とても長かった1週間だったのではなかろうか。来週からは通常授業となる。1年生には、週末ゆっくりと休養を取ってもらい、来週からの授業に臨んで欲しい。

総合的な学力の話を先日したが、付け加えると、部活動をするということはアクティブラーニングだと思っている。例えば、陸上部の例を出そう。ただ黙々とトラックを走り込む。自分の設定したタイムに向かって、ただ、ただ走り込むだけである。しかし、その中で、どうすれば速く走れるのか、フォームは、腕の振りは、強く地面を蹴れば等と、自問自答する。自ら課題を見つけ、その課題解決に向かって挑戦し続ける。素晴らしい学習ではないか。これが、チームになれば、お互いの弱点を克服するための挑戦、お互いを生かすための工夫等が入ってくる。そして、この力が結集し、成し遂げた結果に対しての喜びは、格別の味わいである。本校が求めている『共生』が、そこに存在する。

しかし、孤独に戦わなければならないときもあり、結果が出なくて苦悩するときもある。でも、考えて欲しい。簡単に結果が出るものには、大きな感動がついてはこないということを。

 

生徒の活躍

本日は、朝からうれしいことがありました。

本日は、今朝の積雪のため、少し早めに学校に到着しました。学校はロータリーを含め一面の銀世界となっていました。しばらくすると、外から生徒の声が聞こえ始めました。例年ではありますが、部活のために早め学校に来た生徒が、学校内の除雪をし始めたのです。バレー部、バスケ部等の生徒たちでした。学校に来ていた数名の先生方も加わり、ロータリーの雪は、みるみる無くなっていきました。

一段落すると、生徒から「正面玄関前の歩道をやりましょう」という声が出ました。本日は、歩道はほとんど雪が溶けておらず、歩きづらい状況でした。いつもは、学校内で終わる除雪であったが、学校外の歩道の除雪を行うのは、初めて見る光景でした。歩道の整備は、本校の登校路だけでなく、近隣の小学校の登校路にもなっています。今後も継続しなければならないことだと感じました。

部活動の生徒に感謝です。

 

本日も行事

季節外れの寒さに、開花した桜も凍えているようです。そして、4時過ぎからは、まさかの雪が降ってきました。車の上には、1センチ程度の積雪も見受けられます。

本日学校では、午前中は身体測定が行われました。その後、2・3年生は課題テスト、1年生は学習ガイダンスとなりました。

1年生の学習ガイダンスでは、教務より単位制高校における基本的な知識、そして学習全般についての話がありました。新入生は、「履修」と「修得」の違い、必履修科目と選択科目等、いままで聞いたこともない言葉に圧倒されているようでした。その後、各教科より勉強方法についての話がありました。どのような学校でも、中心となるのは授業です。しっかりとした心構えで授業に望むことを期待したいと思います。

明日は、1年生は課題テスト、2・3年生は通常授業が始まります。1年生は、明日までは、少し忙しい日が続きます。早く学校に慣れることを、祈るばかりです。

本日は、生徒会役員が活躍

晴れ間が見えたものの花冷えのする本日、生徒会による対面式と部活動紹介が開催されました。

対面式では、生徒会の役員による学校紹介、外国人留学生の紹介が行われました。学校紹介では、春休み中、生徒会役員が毎日学校に登校して、部活動の様子などを記録したビデオが上映され、新入生は熱心に見入っていました。外国人留学生の紹介は、留学生に対して英語を交えて質問を行う等、国際科学科としての学校の特色が前面に出たもので、新入生もびっくりした顔をしておりました。生徒会役員の企画力の高さに驚くと同時に、今年8月末に行われる公開文化祭が、今から楽しみになってきました。対面式の最後に、新入生の代表生徒より、学校行事や国際部主催行事に積極的に参加し、先輩方と同じように充実した高校生活を送りたいと、在校生に対するお礼の言葉が述べられました。

部活動紹介では、各部が工夫を凝らしながら紹介を行い、新入生の加入を促しました。今週末の12日(金)には、部活動登録があります。新入生の皆さんには、放課後、各部の活動の様子をしっかり見ていただき、12日までに、これから3年間所属する部を決めていただきたいと思います。部活動は、座学では身に付きにくい、心の鍛錬をする場でもあります。学力とは、知力だけではありません。仲間と協力し、一つの目標に向かって、行動することも学力の一つだと思っています。新入生の皆さんには、総合的な学力を持った人間として成長して欲しいと願っています。

 

平成31年度(令和元年度)、始動

無事、始業式・入学式が終わり、平成31年度あさか開成高等学校が本格的に始動しました。

今年度は、203名の新入生を迎え、全校生徒599名での出発となりました。今年は、本校の桜も新入生の入学を待っていたのか、満開の桜の中の入学式となりました。本当に新入生を歓迎しているようでした。

今後は、教職員一丸となって、生徒一人一人の花を咲かせるべく、努力を継続したいと考えています。

本日、お忙しい中、本校入学式にご臨席いただいたご来賓並びに保護者の皆さまに、改めて感謝申し上げます。

開花宣言

昨日までの寒さも落ち着き、本日は春の暖かな日差しが戻ってきました。

この陽気で、南校舎前の桜が、一斉に咲き出しました。4月8日の始業式、入学式は、満開に近い桜が見られるではないかと思っております。

本日の午後は、運動部の協力のもと、入学式の式場づくりが行われました。準備も万端に整い、式を待つばかりの状態です。

4月8日からは、平成31年度が本格始動し、5月には新たな時代である令和が始まります。新たな時代の始まりに向け、令和に込められた意味のように、希望に満ちあふれた学校づくりを、教職員一丸となり、推進していきたいと考えています。

 

清明

24節季の「清明」の頃となりました。

この数日間の寒さを考えると、真冬に逆戻りした感じを受けますが、「清明」は、春先の清らかで生き生きとした様子を表した「清浄明潔」という語を略したもので、清々しい春をあらわした言葉です。

春は、万物が若返り、清々しく明るく美しい季節です。週末は暖かくなるということですので、この安積野の地にも、春の便りである桜の花が咲き始め、郡山市内も春本番になるではないかと思われます。

4月8日は、始業式、入学式です。

新たに203名の新入生を迎え、静かだった教室にも新たな主人公を迎え、廊下には爽やかな風が吹き、学校全体が生き生きとした息吹であふれるときがやってきます。

ちなみに、南校舎前の桜も咲き出しました。明日には、あさか開成高校の桜の開花宣言ができると思います。始業式、入学式の時には、満開の桜が楽しめるかもしれません。

春休みも、もう少し

昨日、そして本日も、季節外れの雪が降り、季節が戻ったような気がしています。

春休みですが、部活動の生徒が学校に来て、本番の大会へ向け一生懸命活動を行っているため、普段どおりの学校生活を送っているような感覚です。インターハイの地区大会まで、あと1ヶ月あまり。3年生にとっては、いままでの練習の成果を発揮するときが迫ってきています。

春休みに入り、少しずつ部活動の様子を見学し始めました。各部とも、熱心に活動しています。いままでの練習の成果を十二分に発揮し、県大会につなげてほしいと願うばかりです。

春休みももう少し。まとまった練習ができるもの、あと少しです。頑張れ、運動部、文化部。

蛇足ですが、4月10日には、課題テストもありますので、勉強もしましょう。

校長室が、華やかに

校長室が、少し華やかになった。理由は、絵が飾られたからである。

その絵とは、今年3月に卒業した美術部の栗原巳侑くんの作品で、昨年8月に長野県松本市を中心に開催された全国高等学校総合文化祭に県代表として出品したものである。卒業間際に、栗原くんに「学校のために、君の作品を残していってもらえないか」と依頼したところ、快く承諾してくれた。しかし、全国高文祭の出品作品を残してくれるとは、夢にも思わなかった。

校長雑感でも栗原くんの紹介は何度かしたが、単に絵に関して優れた才能を持っているというだけでなく、自分が持っている才能を他者のために惜しみなく提供した人物であった。特に、「あさか開成国際交流事業のあゆみ」の表紙、昨年の中学生一日体験入学で配付したレインボーの栞をデザインなど、本校で行っている国際関係の行事には欠かせない人物であった。

栗原くんには、感謝である。

新しい年号が「令和」に決定

本日、平成31年度が始まりました。そして、新年号「令和」の発表がありました。

「令和」には、厳しい寒さの後に春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように、一人一人の日本人が明日への希望とともにそれぞれの花を大きく咲かせることができる、そうした日本でありたいとの願いを込めたということでした。この意味を聞いたときに、1年前に鈴木前校長の残した"March winds and April showers bring forth May flowers."を思い出しました。3月の冷たい風や4月の厳しい雨が5月の美しい花を咲かせるという意味で、辛く苦しい試練を乗り越えて、幸福は来るということを表しています。

本校には、梅の木は少ないですが、南校舎前には、学校のシンボルともいえる桜の木がたくさんあります。桜には、「休眠打破」という言葉があります。冬の厳しい寒気に晒されて初めて花芽が休眠から目を覚まし、そして陽気とともに一気に花を咲かせるというものです。きれいな桜の花には、厳しい冬の寒さが必要なのです。

高校生活において、失敗することや挫折することがあるかもしれません。しかし、それは、成功するための経験の一つです。きれいな花を咲かせるための、重要な経験なのです。

現在、南校舎の前の桜の木も、つぼみを大分膨らませ、花を咲かせようとしています。希望あふれた「令和」に向かって、あさか開成高校でそれぞれの花を咲かせる準備をしていきましょう。