新着情報
RSS2.0
 今月は17日水曜日がSDGsデイです。  まずは、3年4組の国際交流委員から下記のように反省がありました。  前回、私たちが提案した目標は、「プラスティック製品の使い方を考えよう」でした。校内では、ペットボトルの洗浄・分別の呼びかけをしました。また、個人的にスーパーでのペットポットリサイクルに参加したり、エコバックを持参しレジ袋を使いませんでした。みんながリサイクルに取り組みやすい環境になってきたと感じました。さらに某有名カフェでも、プラスティック製のストローやカップが紙製になっていました。若い世代の私たちが率先してこの問題に取り組み、さらに多くの人々がリサイクルする社会になって欲しいと思います。   次に、3年5組の国際交流委員から今月の目標の提案がありました。  私たちは、SDGs7番目の目標を目指し「エネルギーの使い方を見直し、節電を心がけよう」という目標を設定しました。私たちは、毎日エネルギーを使って生活しています。使用する化石燃料は、燃焼されると二酸化炭素を排出します。このまま化石燃料を使い続けると、地球温暖化や気候変動を引き起こします。地球温暖化を防ぐためにも、エネルギ...
 9月16日木曜日に、福島大学とインターネット回線をつなぎ、ベトナム出身のグイットさん、ハンガリー出身のギッタさん、中国出身のラさん、マレーシア出身のシャキファさんから、「共生社会とは」という題で講演して頂きました。それぞれ、スライドを用いて自国の文化の説明や日本との違い、福島大学での大学生活等について話して頂きました。事前に募った質問も含め、多くの質疑応答にも答えて頂きました。コロナ禍ではありますが、様々な国の文化に触れることができたと思われます。  早くコロナ禍が収まり、この様な機会が対面で行えればと切に思いました。  講座の様子についてこちらもご覧ください。国際理解講座開催.pdf
8月27日(金)に第6回こおりやま子ども若者ネット主権者教育プログラムが行われました。 今回は夏休み中に実践したフィールドワークや下調べについて各グループでまとめて全体で共有しました。 また、理想のまちの姿とまちの現状・課題を明確化し、今私たちが必要だと思うアイディアを具体化して各グループで模造紙にまとめました。 発表へ向けて着々と準備を進めています。
今年度第5回目となるプチ国際理解講座は、8月20日(金)に「まちなか広場Perch」代表の岡部睦子氏をお招きし、「地域課題を考える~まちなか広場Perchの活動から」をテーマに講演していただきました。 詳しくはこちらをご覧ください。2021年度第5回プチ国際理解講座開催.pdf
例年7月最終週に行われている体験入学が今年も中止になってしまいました。 そこでマネージャーが本校入学を検討している中3生に本校ソフトテニス部のことを 知ってもらおうと紹介動画を作りました! 是非ご覧ください ↓ ↓ R3あ開ソフテニ紹介動画.MP4
 7月30日金曜日に、プチ国際理解講座④「オランダについて学ぼう」を実施しました。郡山市国際交流委員のヨースト・クラルト氏を迎え、異文化理解の一環としてオランダと日本・郡山との関係について学びました。「おてんば」や「ランドセル」という言葉がオランダ語由来であることや、フライドポテトにマヨネーズをつけるのが定番であることを知り、異文化を感じることが出来ました。もちろん郡山市にとって大切なファン・ドールン氏の話も出ました。コロナ禍の影響でプリントでの講義になってしましましたが、オランダの伝統菓子「ビタークッキエス」の作り方も教わりました。   講演の様子はこちらをご覧ください。2021年度第4回プチ国際理解講座開催.pdf  
 7月28日水曜日に、福島県ボッチャ協会より村上普子氏を招き、プチ国際理解講座③「パラスポーツ・ボッチャを体験しよう」を実施しました。パラリンピックの意味やボッチャのルール説明を受けた後、実際にボッチャを体験しました。最後の最後に一発大逆転が起きる競技で、最後まで気を抜かず楽しむことが出来ました。パラリンピックボッチャ競技は8月28日から行われます。   詳しくはこちらをご覧ください。第3回プチ国際理解講座開催.pdf  
 7月20日火曜日に、第4回地域協働事業こおりやま子ども若者ネットプログラム「こわかネットプログラム」が実施されました。今回は、自分の理想とする街のアイディアを具現化する過程で、街の現状を共有するために、フィールドワークの準備を行いました。探究の時間の課題と重なることもあるかもしれませんが、夏休みを利用して疑問点を調査する予定です。
更新が滞りました6月22日、福島県総合体育大会に参加しました。 地区大会では男子個人で 第3位  石原(3年)・丸目(3年)ペア ベスト8  扇谷(3年)・冨塚(1年)ペア ベスト16  松崎(3年)・遠藤(船引高)ペア となりました。特に石原・丸目ペアは強豪校を破っての入賞となりました!
 7月16日金曜日、コスタリカから来た留学生セバスさんの「お別れ会」を放送で行いました。昨年12月に来日し、約8ヶ月間本校で学校生活を送りました。まず校長先生より挨拶があり、その後本人とホストファミリー先の2年生箭内佑都さんが、日本での生活や学校での出来事を振り返りました。そして、国際交流委員会委員長の3年生宗形優也さんが、赤べこと本校オリジナルのエコバックを記念品として贈呈しました。スペイン語・英語・中国語・日本語が飛び交う本校らしい国際的なものになりました。帰国後は、大学へ進学するそうです。   どうもありがとう。また会う日まで。   Muchas gracias.  Hasta la vista.   お別れのスピーチの様子はこちらからご覧ください。ありがとう!留学生セバス!.pdf  
 今月は、7月14日水曜日がSDGsデイでした。  まずは3年3組の国際交流委員から下記のように反省がありました。 私たち3年3組が提案した目標は、「ジェンダー平等について考えよう」でした。 6月18日金曜日に 「国連によるSDGsから考える 多様な性から考える過ごしやすい学校・社会」という題目で、国際理解講演会が開かれました。ジェンダーについて考える機会はそうはありませんが、この講演会を機にLGBTについて考え、今後の考え方や行動を見直す良い機会になりました。  かさねて、登校時気持ちのいいあいさつとペットボトルの水洗いもよろしくおねがいします!  次に、3年4組の国際交流委員から今月の目標の提案がありました。  私たちは、海の豊かさを守るため、プラスティック製品の使い方を考えようという目標を設定しました。7月22日は海の日です。SDGsの目標の14番目に海の豊かさを守ろうとあります。ペットボトルなどの容器包装から家庭用品やオモチャまで、日常生活のあらゆる場所で利用されているプラスチック。便利な一方で、ポイ捨てなど不適切に処分されたプラスチックごみが大量に海に流れ出て、海の環境を汚し、...
部活動後援会のバスの内部に抗菌コートが施されました。 コロナウイルス対策にもなるというチタンの微粒子によるコーティングで、 半永久的に抗菌作用があるそうです。   作業を見学しました。 コーティング前後で細菌の数を計測してみると、 細菌の数は1/6になっていました。 今後、さらに最近の数が減るそうです。 すごいですね。 安心して乗車できます。   PTA会長さんのご厚意によります。 ありがとうございました。   ↓コーティングの様子 ↓しょうゆ会社製の細菌数の測定器
7月8日(木)、全国高校野球選手権福島県大会に本校が登場しました。 結果は敗退ということになりましたが、得点をとることができたなど 自分たちの持てるものを発揮し、成長が見える試合となりました。 また、3年生にとっては野球人生の大きな節目であり、 集大成であったと思います。 これまで部活動を通して学んできたことを、 進路活動や卒業後の人生の糧としてほしいと思います。   今回の大会は、新型コロナウイルス感染拡大以降 初めて生徒がスタンドで応援することが可能でした。 声を出すことはできませんでしたが、吹奏楽や拍手などで応援しました。 少しずつできることが増えていくことに喜びを感じました。    
 7月8日木曜日の6・7校時は、JICA主催のエッセイコンテストに全生徒が参加するため、1年生と2年生が作品の作成をしました。地球上に暮らす私たちが向かう未来に向けて、「自分と地球」とのつながりを考え、感じたこと、行動したことをエッセイにしました。国際部で実施した下記の4つの講演会から、テーマを設定した生徒も多かったです。皆真剣に臨んでいました。 4/21(水)  第1回プチ講座「ローカルSDGsを学ぼう」 富永美保 氏6/18(金) 「多様な性から考える過ごしやすい学校・社会」 渡邉歩 氏 6/24(木) 「外務省高校講座~人生を変えた海外挑戦」 石田嵩人 氏6/25(金)  第2回プチ講座「もっとNPO~座談会」 鈴木綾 氏
SDGsへの取り組みとして、先日載せたクリアファイル回収活動の他に、コンタクトレンズ空ケース回収活動も行っています。 多くの人が使っている使い捨てコンタクトレンズ。実はそのコンタクトレンズの空ケースがSDGs解決につながります。 回収後はどのように生まれ変わりどのように役立つのでしょうか。 詳しくはこちらをご覧ください。コンタクトレンズ空ケース回収活動.pdf
校舎内に七夕飾りが登場しました。 それぞれが願いを書いて笹につるしています。   七夕は奈良時代頃に中国から日本に伝わったとのこと。 七夕を季節の行事として大切に持ち続けていることは、 めったに会うことのできない恋人同士の苦しみ、 そしてやっと会えた喜びは、 千年以上もの時をへても同じだということなのでしょう。   スマートフォン等を通してならいつでも会える私たち、 でも、やはり実際に会うことでしか得られないこともあることでしょう。 恋人同士に限らず・・・。 そして、コロナ禍では、世界中の人の行き来が制限され 会いたくても会えない人たちが実際にいるのです。   私が小さい頃から長い間とてもお世話になった方が先日亡くなりました。 90歳を超えた長寿で、ここ2年ほど高齢者福祉施設で生活していました。 しかし、亡くなるまでの1年間、家族の誰とも会うことができなかったとのことです。 コロナウイルス感染拡大防止のために。   織り姫と彦星が会えるよう、7月7日が晴れますように。 そして、コロナ禍という暗雲が去り、 会いたい人と会いたいときに会うことができる毎日が1日も早くきま...