あさか開成 校長雑感

2018年5月の記事一覧

本校で第1回県中地区生徒会長サミット開催

 

本日5月30日(水)、本校大会議室において、平成30年度第1回生徒会長サミットが開催されました。県中地区の高校、特別支援学校より約90名の生徒会役員、生徒会担当の先生方にお集まりいただきました。講師として、県中教育事務所の坂本圭介指導主事をお招きし、会の全体を見ていただきました。

今回の生徒会長サミットでは、それぞれの学校に自校の学校紹介をしてもらった後、分科会に分かれ、各校の生徒会活動の取り組み、課題についての意見交換を行いました。特に、公開文化祭については、ほとんどの学校で3年に1度の開催で、その企画立案に対してアドバイスを求める声が多く聞かれました。そのため、急遽、分科会の時間を延長し、意見交換の時間を確保することにしました。

この会を終え、横のつながりの大切さを実感しました。それぞれの学校の生徒会役員は、行事の企画運営で、校内の意見を調整し、まとめ上げることの難しさを感じています。この会は、生徒会役員にとって、大きなヒントがもらえる場になっているのではないかと感じました。

この会が継続されることが、それぞれの学校、そして県中地区全体の生徒会活動の向上につながるものと考えます。今後、お互いの良さを感じ取りながら、高め合っていき、県中地区全体の学校の活性化につながることを期待します。

朝の10分を大切に

時間をコントロールすることは、とても大切なことである。特に、朝は、時間を管理することが難しい。だからこそ、強い意志を持って、コントールしようと思わなくてはならない。

5月に入って自転車被害事故が5件起きた。ほとんどの事故が、自転車で登校中に、側道から出てきた自動車と接触したものである。なぜ生徒は、自動車が側道、駐車場から出てくることに気づかないのか。その多くは、遅刻しないように急いでいたからであろう。十分な余裕があれば、事故を回避できたのではないかと思ってしまう。別に生徒だけを責めるわけではないが、事故は命にかかわることなので、万全の注意を払ってもらいたい。

事故が多発していることを聞き、先週より、校門に立っている。特に、時間ぎりぎりに来る生徒には、もう少し余裕を持って登校しようと声をかけ続けている。少しずつではあるが、ぎりぎりに来る生徒が少なくなっているような気がする。

今週末、6月1日(金)は、県下一斉の登校指導の日である。本校でも、毎年、生徒指導部の先生方を中心に、PTAの方々の協力も得て、登校指導を実施している。これを契機に、6月以降は、自転車事故を「0」にしたいものである。ご家庭からも、朝の時間の管理ついて、ご指導をお願いしたい。

剣道部、善戦

本日5月28日(月)、男女団体が勝ち残っていた剣道部の試合観戦に、郡山総合体育館に駆けつけた。男子団体は、時間に間に合わず、観戦することはできなかった。会場に到着したときに、選手より敗戦の報告を受けた。磐城高校とベスト8をかけた戦いであった。昨年、男子チームは、3年生が引退した後には部員が1名となってしまい、団体を組むことができなくなった。今年、1年生が4名入部し、また団体チームを組めるようになった。今年のインターハイにつなげたのも、一人で直向きに練習してきた3年生の松坂君のお陰である。感謝である。女子団体は、ベスト4をかけた安積高校との戦いであった。緊迫した内容で、手に汗握る試合であった。結果的には敗退する結果になったが、選手たちは非常に善戦した内容であった。素人私には、本校の選手の有効打が何本か合ったようにも思えたが、心技体そろってのものが「一本」なのだろう。「道」を極めることの難しさを感じた。しかし、男女ともよく頑張ってくれた。選手たちの活躍に感謝である。

インターハイ県大会で各地を飛び回る

先週の土・日曜日は、インターハイ県大会の本校選手の応援のため、県内各地を飛び回った。

剣道部女子の初戦は、同地区の安積黎明高校との戦いであった。思い出せば、この2校は、3年前、本校の剣道場が改修工事の際は安積黎明高校の道場で、そして2年前、安積黎明の道場が改修工事の際は本校で練習をしていた。お互いに気心がしてた同士の戦いに、運命の非情さを感じざるを得なかった。お互いの力は均衡しており、手に汗を握る試合であった。僅差で勝利した本校は、その後勝ち進み、日曜日の試合にも勝利し、月曜日準決をかけた試合にのぞむ。昨年秋は、1名で頑張ってきた男子も、チームワーク良く3回戦へ残った。

土曜日は、剣道を見た後、会津へバレーの応援に行った。本校は、2回戦からの登場であった。惜敗であった。緊張からか、今回地区大会では3位まで上り詰めた、その本来の力が出せないまま終わった。この子たちの、礼儀正しい、そして練習に直向きに取り組んでいる姿を見ているだけに、無念であった。その後、あづま運動公園に行き、陸上競技をみた。もう時間が遅く、マイルリレーの予選の後半であった。陸上の生徒には直接会えなかったが、惜敗したもののタイムを伸ばしたリレーでの気持ちを、日曜日以降の競技につなげることを期待したい。

第1回PTA役員会、合同委員会開催

 

昨日5月24日(木)、本校の大会議室において、第1回のPTA役員会・合同委員会が開催されました。新役員となって初めての委員会で、35名の方々にお集まりいただくことができました。主な議題は、学年委員会、専門委員会の委員長、副委員長等の選出、1年間の年間計画の確定、そして、本年度は東北地区高等学校PTA連合会大会が7月に郡山で開催されるため、その補助員を募るというものでした。会はスムースに進行し、最後に、学年委員会・専門委員会より年間計画の説明がありました。そして、7月に行われる東北地区高等学校PTA連合会大会にも、20名を越える協力が得られる運びとなりました。改めて、PTA役員のみなさまへ、感謝を申し上げます。

学校保健会県南支部総会、本校で開催

5月22日(火)、本校を会場として、福島県学校保健会県南支部保健主事部会総会が開催されました。今年度より2年間、学校保健会の県南支部の事務局が本校におかれることになった関係で、県南支部の会長も務めることになりました。

学校保健会は、学校保健の向上発展を目的として設立されたものです。子どもたちが安心して健やかに育っていくためには、教育の場であり、生活の場でもある学校が、常に子どもたちの身体に気を配り、安全・安心に過ごせる場である必要があります。現在、子供たちを取り巻く状況は大きく変化し、特に本県では、原子力災害以後、子供の肥満の問題、体力の低下等は、大きな問題となっております。これらの問題を解決するためには、単に知識を獲得させるだけではなく、どのように意識させ、行動させるかが大きな鍵となってくると思います。そのためにも、学校に所属する全教職が意識を持ち、学校が保護者、地域と課題を共有し、チームとして動くことが大切になります。

本校においても、昨年度より、栄養教室に保護者を加えて開催しております。そして、PTAのみなさまと協議をして、自動販売機の飲料水の内容を糖分の少ないものへと変えました。また、今年度より、生徒を対象としていたAED講習会に加え、教職員を対象としたAED講習会を、別日に開催することも決定しております。これからも、生徒の健康・安全の向上に努めて参りたいと考えています。

インターハイ県大会へむかう選手を激励

本日5月23日(水)7校時目、インターハイ県大会の選手壮行会が開催されました。私より選手へ、「自分を信じ、仲間を信じ、そして今までの練習を信じて、全力で戦ってきてください。そして、正々堂々、競う相手を讃えながら、悔いの残らない戦いをし、開成スピリットを県下に轟かせて欲しい」、また生徒会長より、「3年生にとっては最後の大会となります。全校生徒で応援します」という言葉をおくりました。

その後、各部より、「チーム全員で最後まで戦ってきます」、「一人ひとり強い気持ちを持ち、やるべきことをやってきたい」、「1戦でも多く、悔いの残らない戦いをしたい」などの今回の大会に対する抱負が述べられました。

インターハイ県大会が終わると引退する生徒もおり、このチームで戦う最後の試合になる部活もあるかと思います。一分・一秒・一点・一本を大切に、仲間との時間を十二分に楽しんできて欲しいと願います。

コーヒー講座、開催

昨日5月22日(火)の放課後、株式会社富久栄紹介の代表取締役中島茂氏をお呼びして、国際部主催のコーヒー講座を家庭科室で開催しました。中島氏は、日本スペシャルティコーヒー協会認定アドバンスドコーヒーマイスター、ブラジル政府公認コーヒー鑑定士等の資格をお持ちの方で、現在郡山市の亀田とうすい百貨店内に富久栄珈琲を展開されている方です。今回の講座は、コーヒーを楽しみながら、講義を聴くという形式のため、生徒は限定14名の参加となりました。

まず最初に、中島氏より、コーヒーについての基礎知識を聞き、その後、美味しいコーヒーの入れ方、産地、焙煎の差によるコーヒーの飲み比べをしました。今回生徒が試飲したのは、エチオピアのインガチェフ産(ウォッシュド、浅煎り)、エチオピアのグジ産(ナチュラル、中深煎り)、ブルンジ産(ウォッシュド、深煎り)の3種類でした。浅煎りのフルーティさ、中深煎りの甘さ、深煎りの香ばしさ・苦さを味わいました。ちなみに、私はブルンジ産の深煎りが好きでした。

最後に、まとめの話がありました。私は、中島氏「コーヒーは、途上国において、外貨を稼ぐ貴重なもので、現在国を動かす原動力になっている。以前は、市場が量と低価格を求めたために、品質は置き去りにされ、農家は低収入に苦しみ、児童労働が蔓延し、農園も荒れていた。しかし、現在、世界中で価値の転換が図られている。スペシャルティコーヒー(品質の良いコーヒー)の登場である。スペシャルティコーヒーは、農家の頑張りがそのまま収入につながり、消費者にとっても品質の良いコーヒーを享受することにもなった。」のという言葉に非常に感動しました。

コーヒーは、最も知られたフェアトレード(私はオールタナティヴトレードの呼称が好きだが)商品の一つです。スターバックスコーヒー、ダンキンドーナッツ、タリーズ等でも扱っています。私は、フェアトレードを、消費者の立場から、「責任のある」買い物だと思っています。この「責任のある」買い物について、今後生徒たちと話をしたいと思っています。

 

 

郡山支援学校へ

昨日5月21日(月)の午後、福島県立郡山支援学校の郷家俊哉校長のお招きで、郡山支援学校を訪問する機会を得た。郡山支援学校と本校は以前より結びつきがあり、毎年、支援学校の学習発表会の際にボランティアとしてJRC等の生徒が、またフラダンス同好会もダンスを披露に行っている。

郷家校長より郡山支援学校の概況の説明を受けた後、校内や寄宿舎を見学させてもらった。車いすで自由に移動できるように、廊下は広く、スロープも完備されていた。また、窓が広く、校舎全体が明るく、全館美術館構想と言うことですべての壁が生徒の絵で溢れていた。素晴らしい施設である。生徒もとても人懐っこく、授業にお邪魔した際には、私に近寄ってくる生徒もおり、小さな声で「こんにちは」とあいさつをした。

最後に郷家校長と、学校同士、いろいろな意味で交流活動をしましょうということで、1時間あまりの訪問を終えた。

本校は国際系の学校である。生徒にどのような力を身につけさせているかと聞かれたときにはコミュニケーション能力だと答える。コミュニケーション能力とは、論理的に物事を考え、伝える力も大切だが、相手の話を聞く力、感じ取る力、寄り添う態度も必要である。これから、いろいろな場面での交流、ふれあいの中から、その力を伸ばしていきたいと考えている。

正面玄関の花は

昼休みに廊下を歩いていたら、真っ赤な百合とグラジオラスの生け花を持った生徒が正面玄関に歩いてきた。そう言えば、いつも正面玄関には、立派な生け花があったと気付き、生徒に話しかけた。生徒は、日本の伝統文化の授業で生けた花を、定期的に正面玄関に飾っていることを私に説明した。

正面玄関に花があるだけで心が落ち着く。生け花とは相手に対する心づくしであろう。これこそ、日本文化の「おもてなし」であろうと感じた。

改めて、生徒、そして伊藤弘子先生に感謝である。